寺田寅彦…寒月君

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 寺田寅彦…寒月君
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

TeradaTorahiko.jpg◆人名しりとり...
寺田 寅彦(てらだ とらひこ/1878.11.28〜1935.12.31)日本の物理学者、随筆家、俳人。吉村冬彦。
藤原正彦と小川洋子の対談を本にした「世にも美しい数学入門」を読んでいると、ノーベル賞に数学部門があるなら、日本人はいくつも受賞しているだろう...という記述がある。それほどまでに、日本人の数学的センスは抜きん出いてるらしい。こうしたセンスのベースには、自然を含めた物事を、簡略化する能力の高さがあるようだ...ということで、俳句の例が上げられていた。また、幼少の頃より、書籍を諳んじる...といった慣習が、それを可能にしているとも書かれていた。
以前、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹の自叙伝を読んだときも、幼児の頃から「論語」を習い、そうした素養が、研究活動にも生きていた...といったことを読んだような気がする。
寺田寅彦は、夏目漱石の門弟で、「我が輩は猫である」にも寒月君として登場する。スマートな物言いは、科学者的なのかな? 
寺田寅彦も、当然のように、こうした素養を幼いときから積み重ねてきた人なのだろう。随筆を一冊しか読んでいないが、子供にも解りやすい文章は、素直に読むことができる。
◆湯川秀樹に関して http://room7.blog.so-net.ne.jp/2005-06-24
◆夏目漱石に関して http://room7.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
◆小川洋子に関して http://room7.blog.so-net.ne.jp/2008-04-25

寺田寅彦の作品を検索する

寺田寅彦随筆集 (第1巻) (岩波文庫)

寺田寅彦随筆集 (第1巻) (岩波文庫)

  • 作者:寺田 寅彦
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:1963/01
  • メディア:文庫
科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (岩波少年文庫 (510))

科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (岩波少年文庫 (510))

  • 作者:寺田 寅彦
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:2000/06
  • メディア:単行本(ソフトカバー)
吾輩は猫である (岩波文庫)

吾輩は猫である (岩波文庫)

  • 作者:夏目 漱石
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:1990/04
  • メディア:文庫
世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

  • 作者:藤原 正彦
  • 出版社/メーカー:筑摩書房
  • 発売日:2005/04/06
  • メディア:新書
旅人―ある物理学者の回想 (角川文庫ソフィア)

旅人―ある物理学者の回想 (角川文庫ソフィア)

  • 作者:湯川 秀樹
  • 出版社/メーカー:角川書店
  • 発売日:1960/01
  • メディア:文庫

■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■