Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 三木 成夫/胎児の世界
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

胎児の世界/三木 成夫

胎児の世界—人類の生命記憶

胎児の世界—人類の生命記憶

  • 作者:三木 成夫
  • 出版社/メーカー:中央公論新社
  • 発売日:1983/01
  • メディア:新書

胎児の世界

中公新書から、三木成夫の「胎児の世界」という本が出ている。サブタイトルに「人類の生命記憶」とあるように、地球に生命が誕生してからの1億年間(魚類>両生類>は虫類>類人猿)の変化を、胎児が母体の中にいる10ヶ月の間で体験しているという内容で、その展開の見事さが、とても強く印象に残っている。

実は、この本を読むより先に、本人に会っていて、それが縁で、この本を読んだのだが...。人の持つプリミティブな感情が、現代の都市の形成に対しても、有効に働いていることを、理論的に説明してもらい、そのスケールの大きな発想に感動を覚えた。

「胎児の世界」を読むと、人は自分一人、孤立して存在しているのではなく、今、すれ違った見知らぬ誰か(あるいは、動物でもいいのだが)とも、部分的に過去の記憶を共有しているという気持ちになる。

物事を着想する時、「様々な視点から考えることが重要だ」といわれるが、この本は、まさに、そのことを実感させてくれる。

■参考サイト
瀬戸の松籟:三木成夫の生涯と業績を紹介

吉本隆明、養老孟司、中村雄二郎、市川浩、赤瀬川原平、芹沢俊介らが、三木成夫について語っています

松岡正剛の千夜千冊『胎児の世界』:素晴らしい紹介の仕方です

「がんばらない」の鎌田實は、三木成夫の弟子だということを週刊朝日の連載”がんばらないけどあきらめない”に書いていました

■ 三木 成夫の本

人間生命の誕生

人間生命の誕生

  • 作者:三木 成夫
  • 出版社/メーカー:築地書館
  • 発売日:1996/07
  • メディア:単行本
海・呼吸・古代形象—生命記憶と回想

海・呼吸・古代形象—生命記憶と回想

  • 作者:三木 成夫
  • 出版社/メーカー:うぶすな書院
  • 発売日:1992/09
  • メディア:単行本
生命形態学序説—根原形象とメタモルフォーゼ

生命形態学序説—根原形象とメタモルフォーゼ

  • 作者:三木 成夫
  • 出版社/メーカー:うぶすな書院
  • 発売日:1992/11
  • メディア:単行本
内臓のはたらきと子どものこころ

内臓のはたらきと子どものこころ

  • 作者:三木 成夫
  • 出版社/メーカー:築地書館
  • 発売日:1995/12
  • メディア:単行本(ソフトカバー)
ヒトのからだ—生物史的考察

ヒトのからだ—生物史的考察あの「共同幻想論」で吉本ばななの父親の吉本隆明が長い解説をしています

  • 作者:三木 成夫
  • 出版社/メーカー:うぶすな書院
  • 発売日:1997/07
  • メディア:単行本(ソフトカバー)
生命形態の自然誌 (第1巻)

生命形態の自然誌 (第1巻)

  • 作者:三木 成夫
  • 出版社/メーカー:うぶすな書院
  • 発売日:1989/11
  • メディア:単行本