中村 雄二郎/共通感覚論

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中村 雄二郎/共通感覚論
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

NakamuraYujiro.jpg◆人名しりとり...
中村雄二郎(なかむら ゆうじろう/1925〜 )日本の哲学者。
その昔、「共通感覚論」を読んだ覚えがある。
共通感覚論というのは、五感(視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚)をバラバラに考えるのではなく、感覚相互が影響し合いながら知覚を得ている...ということを事例をあげながら説明している。
直感的に捉えやすい言い方としては「考えが甘い」の「甘い」は味覚ではあるが、「考えが甘い」というのは味覚のことを言っているわけではない...といったことなのだが...これらは、「人が生きる」中で形成されてきた共通感覚というわけだ。
「人が生きる」上で、こうした共通感覚が正常に(普通に/あたりまえのように/コモンセンスとして)働くべきものだが、近代以降の文明化(都市化)といったものが、そうした正常に機能すべき感覚に問題を生じさせている...といったようなことではなかったか?(遠い昔のことなので...)

共通感覚論 (岩波現代文庫―学術)

共通感覚論 (岩波現代文庫―学術)

  • 作者:中村 雄二郎
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:2000/01
  • メディア:文庫
魔女ランダ考―演劇的知とはなにか (岩波現代文庫)

魔女ランダ考―演劇的知とはなにか (岩波現代文庫)

  • 作者:中村 雄二郎
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:2001/12
  • メディア:文庫


中村雄二郎の著作を検索する
中村雄二郎でググってみる


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■