ツァラトゥストラは、何を語った?/フリードリヒ・ニーチェ

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ツァラトゥストラは、何を語った?/フリードリヒ・ニーチェ
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

宗祖ゾロアスター
ツァラトゥストラ(B.C.15?/B.C.13?)


ニーチェが書いた「ツァラトゥストラはかく語りき」で有名なツァラトゥストラっていったい誰...ゾロアスターのことだったんですね。紀元前15〜13世紀頃に完成したゾロアスター教、あるいは拝火教と呼ばれる古代宗教の教祖。拝火って...光の象徴として火を拝む...一の神を認める一神教のオリジンとも考えられている。


ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」は、彼自身の思想を、ツァラトゥストラに託して述べたもので、ゾロアスター教とはあまり関係ないらしい...。「神は死んだ」という有名なフレーズは、それまでのキリスト教中心の世界観から、近代的な世界観への移行を支持するものと理解しているが、そういうことをいうのに、ツァラトゥストラに、象徴的な役割を持たせたのだろう。


もっとも、わたしがツァラトゥストラを知ったのは、スタンリー・キューブリック「2001年 宇宙の旅」のオープニングテーマからで、さっそくリヒャルト・シュトラウス作曲のこの曲を買いに行った覚えがある。たしかに、あの出だしは、世界観/宇宙観が変わって行く感じがよく表現されていて、今でもこの曲を聴くと条件反射的に、そんなイメージを持ってしまう。

◆そんなリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」はこちらから聴けます。

City of Prague Philharmonic - 映画音楽大全集NO.1 - 2001:A SPACE ODYSSEY - Also Sprach Zarathustra/2001年宇宙の旅 「ツァラトゥストラはかく語りき」




◆amazonからだと...
R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」/「英雄の生涯」



R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」/「英雄の生涯」




◆ニーチェの本
ツァラトゥストラはこう言った 上 岩波文庫 青 639-2



ツァラトゥストラはこう言った 上 岩波文庫 青 639-2




◆キューブリックの映画。無理に理解しようとしなくても...

2001年宇宙の旅



2001年宇宙の旅




◆ゾロアスターの本



宗祖ゾロアスター



宗祖ゾロアスター



ゾロアスター教



ゾロアスター教




ゾロアスターをググってみる。


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■