Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 谷崎 潤一郎/陰翳礼讃
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

陰翳礼讃/谷崎 潤一郎

 司馬遼太郎の対談集の中で、「闇は悪で、光は善、とするのは、アメリカ的...」と宮崎駿が言っていましたが、なにか現代は、明るさばかりが求められているような気もします。

かつて谷崎潤一郎は、「陰翳礼讃」の中で、全てを見せないことの美しさを語っています。日本の家屋の薄暗さが、美しさを生み、体をその輪郭ごと隠してしまう着物が、女性の仕草の美しさを際立てる、といった話が出てきます。

全て見せてしまったら、想像力は働かず、それ以上のものは...望めません(そうなったら、行くとこまで行かなきゃならないでしょうね...)。かつての日本の家屋や女性というのは、闇をもっていたり、闇の中にいたおかげで、実体以上の魅力を見せてくれていたのでしょう。逆に、美しさを語る上で、闇や陰がない世界では、語り口は限られてきます。

闇や陰は、想像力をかき立てることで、上品さや官能性を生み出しているのです。

空間を考えても、陰がなければ、ものは平面的で薄平く見え、広さや高さも感じることができません。陰がものに厚みを与え、生活にも厚みを加えていく...そんなことを感じさせてく

「陰翳礼讃」には、収録されている「厠のいろいろ」は、この闇と陰の考え方の極地かもしれない。

陰翳礼讃/懶惰の説/恋愛及び色情/客ぎらい/旅のいろいろ/厠のいろいろ を収録

谷崎潤一郎記念館

陰翳礼讃

陰翳礼讃

  • 作者:谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー:中央公論社
  • 発売日:1995/09
  • メディア:文庫
対談集 日本人への遺言

対談集 日本人への遺言

  • 作者:司馬 遼太郎,宮崎 駿,榎本 守恵,ロナルド トビ,田中 直毅,大前 研一,武村 正義
  • 出版社/メーカー:朝日新聞社
  • 発売日:1999/01
  • メディア:文庫