小川 洋子/博士の愛した数式

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 小川 洋子/博士の愛した数式
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

hakushi.jpg遅ればせながら、「博士の愛した数学」を読んだ。
小説を読む習慣を失って久しく、これを原作にした映画がヒットしているのを横目で見ながらも...とうとう読む時期を失していた。
それが最近、藤原正彦の「国家の品格」を読み(これも随分と遅ればせ!)、それが縁で(「博士の愛した数学」を書く際、小川洋子は数学者・藤原正彦にインタビューをしている。文庫本のあとがきに、藤原正彦がその時の様子を懐かしげに書いている)、「博士の愛した数学」に辿り着くことができたというわけだ。
これは上質な恋愛小説なのだろうか? 小川洋子の文章は、直接感情を表現する変りに、物に接する際の人の仕草を使って感情を伝える。それが、上着の袖であったり背中であったり、あるいは数字や数式であったり。
昔、利休という人がいて、彼は少し大きめの黒い服を着て(黒子のように、しかし指先だけは見えている)、自分の仕草を増幅して(もちろん、あることを相手に伝えるために)、お茶をすすめたという。
大げさでなく、木の葉が揺れるような仕草であっても、感情は伝えることができる...という日本の伝統を感じさせる文章でした。
なんにしても、小川洋子の文章が、80分しか記憶を保てない数学博士を、最もロマンティックな主人公にしていることは間違いない。
本題からは逸れているかもしれませんが、本の内容は皆さん知っているでしょうし...。
「博士の愛した数式」に登場する数学者のモデル、ポール・エルデシュというハンガリー出身の数学者の名前が挙がっている。彼は多くの数学者とコラボレートし、生涯に1500編もの論文を共著という形で残している。また、1日に19時間は数学のことを考えていたという。ポール・ホフマン が「放浪の天才数学者エルデシュ」という伝記を書いているそうだ。

博士の愛した数式

博士の愛した数式

  • 出版社/メーカー:角川エンタテインメント
  • メディア:DVD
博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

  • 作者:小川 洋子
  • 出版社/メーカー:新潮社
  • 発売日:2005/11/26
  • メディア:文庫
世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

世にも美しい数学入門 (ちくまプリマー新書)

  • 作者:藤原 正彦
  • 出版社/メーカー:筑摩書房
  • 発売日:2005/04/06
  • メディア:新書
薬指の標本 (新潮文庫)

薬指の標本 (新潮文庫)

  • 作者:小川 洋子
  • 出版社/メーカー:新潮社
  • 発売日:1997/12
  • メディア:文庫
薬指の標本 SPECIAL EDITION

薬指の標本 SPECIAL EDITION

  • 出版社/メーカー:ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア:DVD


その他、小川洋子の本を検索

国家の品格 (新潮新書)

国家の品格 (新潮新書)

  • 作者:藤原 正彦
  • 出版社/メーカー:新潮社
  • 発売日:2005/11
  • メディア:新書
遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)

  • 作者:藤原 正彦
  • 出版社/メーカー:新潮社
  • 発売日:1994/06
  • メディア:文庫

その他、藤原正彦の本を検索

放浪の天才数学者エルデシュ

放浪の天才数学者エルデシュ

  • 作者:ポール ホフマン
  • 出版社/メーカー:草思社
  • 発売日:2000/03
  • メディア:単行本
My Brain is Open―20世紀数学界の異才ポール・エルデシュ放浪記

My Brain is Open―20世紀数学界の異才ポール・エルデシュ放浪記

  • 作者:ブルース シェクター
  • 出版社/メーカー:共立出版
  • 発売日:2003/09
  • メディア:単行本

小川洋子で検索
藤原正彦で検索
ポール・エルデシュで検索


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■