今日は満月...山月記/中島敦中島 敦/山月記

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中島 敦/山月記
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

今日は満月…山月記/中島敦

ピクチャ 2.png

今日の満月は、山月記。中島敦が書いたの短編小説で、大いなる望みを抱いた才能ある若者が、挫折し、人を食らう化け物になってしまう物語。中国の本を元にして書かれているというが。
中島敦.jpg中島 敦(なかじま あつし/1909.5.5〜1942.12.4)日本の小説家。

1909年5月5日 東京府東京市四谷区箪笥町(現東京都新宿区三栄町)で漢文教師、中島田人の長男として生まれる。
1933年3月 東京帝国大学(現東京大学)国文学科を卒業。卒業論文は「耽美派の研究」。
1933年4月 私立横浜高等女学校(現横浜学園高等学校)に国語と英語の教師として赴任。
1941年6月28日 教職を辞し、パラオ南洋庁へ書記として赴任。
1942年 『古譚』『光と風と夢』を発表。12月4日気管支喘息で死去(享年33)。
(http://ja.wikipedia.org/wiki/中島敦)

中島敦に関するwikipediaの年表は、これだけしかない。
人生最後の年に、文壇にデビュー。それも「山月記」のような作品を33歳で書いているということは、どういうことなのだろう。
◆青空文庫の「山月記」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/card624.html

李陵・山月記―弟子・名人伝 (角川文庫クラシックス)

李陵・山月記―弟子・名人伝 (角川文庫クラシックス)

  • 作者:中島 敦
  • 出版社/メーカー:角川書店
  • 発売日:1995/05
  • メディア:文庫

中島敦の作品を検索
ブログランキング・にほんブログ村へ


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■