ギャビン・ライアル/深夜+1+シトロエンDS

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ギャビン・ライアル/深夜+1+シトロエンDS
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

深夜プラス1

深夜プラス1

  • 作者:ギャビン ライアル
  • 出版社/メーカー:講談社インターナショナル
  • 発売日:2002/04
  • メディア:単行本

 「深夜プラス1(深夜+1)」という、いにしえのハードボイルド小説があるのだが、その中で2台の車がクローズアップされている。1台はジュラルミンのボディーを持つロールスロイス。もう1台は、緑色の血液の流れているシトロエンDSである。

この作家ギャビン・ライアル(Gavin Tudor Lyall)は、他の作品でも機械ものののディティールを、上手く表現しているが、ここでは、まったく性格を異にする2台を登場させることで、作者の自動車に対する観察力を感じさせる。無機質に徹した車と、どことなく有機的な車である。

 「シトロエンDS」というのは、以前、今井美樹のビデオクリップ(「プライド」でしたっけ...)とか、ソニーのサイバーショットのCM、あるいは「鉄腕アトム」にも登場していて、どことなくオブジェ的要素が強い車である。

 しかし一方で、パワーステアリング/パワーブレーキ/パワーギアシフト/パワーライト?(ハンドルを向けた方を照らす)/自動姿勢制御(コーナリングやブレーキ時に大きく姿勢を変えない、したがって制動距離が短くなる)等を、LHMという緑色の血液によって行う車として、1955年に登場しており(この方式は、改良され現在でも使用されている)、50年以上前のシステムが、現役でいられるほど先進的な車でもあった。

 未来の車として、機能に相応しい外観を与えられたこの車が、50年たった今でも、「未来」を感じさせてくれるのは何故だろう?

 マーケティングなどおかまいなしに、突き抜けた個性を持たされた存在...だからなのだろうか。


■ギャビン・ライアルの作品

もっとも危険なゲーム

もっとも危険なゲーム

  • 作者:菊池 光,ギャビン・ライアル
  • 出版社/メーカー:早川書房
  • 発売日:2000
  • メディア:文庫

拳銃を持つヴィーナス

拳銃を持つヴィーナス

  • 作者:ギャビン ライアル
  • 出版社/メーカー:早川書房
  • 発売日:1990/02
  • メディア:文庫

砂漠の標的

砂漠の標的

  • 作者:ギャビン ライアル
  • 出版社/メーカー:早川書房
  • 発売日:1997/07
  • メディア:文庫

砂漠の標的

砂漠の標的

  • 作者:村上 博基,ギャビン・ライアル
  • 出版社/メーカー:早川書房
  • 発売日:1990/01
  • メディア:単行本




その他のギャビン・ライアルの作品


■昔のシトロエン

シトロエン・ジャパンのホームページ:シトロエンDSも説明されています

フランスのシトロエンのサイト:ここら辺からページをめくってもらえれば、DSの活躍がよくわかります。

DSを買いたくなってしまったら...でも、DSとIDは別物です。ご注意を

■昔のロールスロイス


ネオストリートのホームページ
:シルバーゴーストがかろうじて確認できます。

アイコン&お絵描き工房さんの戦車のページ:「この世で一体何を望むか」との問に「一生乗れるだけのタイヤを備えたロールスロイスシルバーゴースト装甲車だ」とアラビアのロレンスに言わしめた。やはり、シルバーゴーストの系譜には、装甲車としての役割を担わされていた訳だ...(深夜+1でもね)


■ このblogの目次 ■ メインサイト ■ メインサイトのゲストブック ■