ジェームス・マシュー・バリー…ピーターパンは何処にいる

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ジェームス・マシュー・バリー…ピーターパンは何処にいる
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

JMBari.jpg◆人名しりとり...
ジェームス・マシュー・バリー(James Matthew Barrie/1860.5.9〜1937.6.19)スコットランド生まれのイギリスの劇作家、童話作家。「ピーターパン」の原作者。
ピーターパンは何処にいる?
ピーターパンは公園にいます...ケンジントン公園に。
ディズニー映画を最初から最後までキチンと見ていなかった私は、原作をチャンと読んでみようと本屋に出かけ、ピーターパンの本を探します。「あ、これピーターパンって書いてある」と選んだのが、「ケンジントン公園のピーターパン」でした。それ以来、私にとってのピーターパンは、あの緑色の洋服を着た見慣れたピーターパンではなく、産着を着た(あるいは裸ん坊の)ピーターパンになってしまいました。
(でも、ウェンディが登場する、よく知られているピーターパン(台本なのですね)の方が、先に世の中に登場しているのです。)
「ケンジントン公園のピーターパン」は、「ピーターパンは、なぜピーターパンたりうるのか...」と、ピーターパンの秘密が解き明かされるような感じで楽しめます。
子供の心を失いたくなかった大人が描いた物語ということなのでしょうか...(心ならずも?)大人になってしまってから、自由な子供を見たときのジレンマみたいなものも感じられますね(台本のピーターパンよりも素直に描かれているかもしれない)。
いったい何時から大人になるのでしょうか? ジェームス・マシュー・バリーは、「空を飛ぶこと(空を飛ぶのは自由の象徴なのでは?)を信じられなくなったとき」から大人...と考えたに違いありません。とすると、今は結構早い時期に子供を卒業してしまう、小さな大人が多くなってしまったように思います。
◆「ケンジントン公園のピーターパン」を読めるサイト
http://hw001.gate01.com/katokt/peter_kensington100.htm
ジェームス・マシュー・バリーで検索

ピーター・パン (岩波少年文庫)

ピーター・パン (岩波少年文庫)

  • 作者:J.M. バリ
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:2000/11
  • メディア:単行本(ソフトカバー)
ピーター・パン (新潮文庫)

ピーター・パン (新潮文庫)

  • 作者:J・M・バリー
  • 出版社/メーカー:新潮社
  • 発売日:1955/10
  • メディア:文庫

■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■