ウィルバート・オードリー/機関車トーマス

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウィルバート・オードリー/機関車トーマス
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

機関車トーマス/ウィルバート・オードリー

Tomas.jpg

プラレールのトーマスの玩具の他にも、従兄弟たちに貰ったバンダイのミニチュアがあったり...、うちの子供にも人気のトーマスです。上の子はエドワードが好きでしたが、下の子はトーマスです...あっ、でも青と緑の機関車はだいたい好きです。これは、下の子は、まだDVDをあまり見ていないので、こうなるのだとおもいます。
小さい頃にDVDや絵本を親しんでいた上の子が、車体番号2のエドワードを好きになるのは理解できます。トーマスシリーズの中で、エドーワードのポジションは少し特別です。オッチョコチョイやいたずら者、強情っぱりに意地悪...人間社会の縮図のような機関車の世界において、エドワードの視点は少し離れて温かく見守っているように感じるからです。
「機関車トーマス」イギリスのウィルバート・オードリーが息子クリストファー・オードリーのために語り聞かせたお話が元になっています。トーマスが世に出るのは、1946年に発表した汽車のえほんシリーズの第2巻です。
1945年の汽車のえほんシリーズの第1巻の最初の主人公はエドワードでした。
だからエドワードが特別な雰囲気を持っていても不思議ではなく、ひょっとしてエドワードの優しい眼差しは、父ウィルバート・オードリー自身を反映しているのかも...と思ったりもします。
だから、2歳ぐらいの子供がエドワードを好きになるのは、とても自然なことのように思います。
WilbertAwdry.jpgウィルバート・オードリー(Wilbert Vere Awdry/1911.6.15〜1997.3.21)本職は司祭。子供の頃、住んでいた家の近くに鉄道があり、鉄道好きになるきっかけとなる。文学を志望しオックスフォード大学に合格するが、父と同じ牧師を志すことになる。1942年に麻疹にかかった息子クリストファーのために、子供の頃に想像した機関車の話をしてあげたことがきっかけ。いろいろな話を聞かせてきたので、話の食い違いを防ぐためのメモが元になって本となった。本は、1945年から1972年まで、毎年1冊のペースで出版されてきた。1983年からの続編は、息子のクリストファー・オードリーが書いている。

(1) 3だいの機関車

(1) 3だいの機関車

  • 作者:ウィルバート・オードリー
  • 出版社/メーカー:ポプラ社
  • 発売日:2005/03/31
  • メディア:単行本
(2) 機関車トーマス

(2) 機関車トーマス

  • 作者:ウィルバート・オードリー
  • 出版社/メーカー:ポプラ社
  • 発売日:2005/03/31
  • メディア:単行本
ラーニングカーブ きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ エドワード FC-78394

ラーニングカーブ きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ エドワード FC-78394

  • 出版社/メーカー:ソニー・クリエィティブプロダクツ
  • メディア:おもちゃ&ホビー
プラレール エドワード T-02

プラレール エドワード T-02

  • 出版社/メーカー:タカラトミー
  • メディア:おもちゃ&ホビー
きかんしゃトーマスDVD全集(1) ゆうじょう編

きかんしゃトーマスDVD全集(1) ゆうじょう編

  • 出版社/メーカー:フジテレビ
  • メディア:DVD
きかんしゃトーマス オリジナルソングス VOL.1

きかんしゃトーマス オリジナルソングス VOL.1

  • アーティスト:カラオケ
  • 出版社/メーカー:ポニーキャニオン
  • 発売日:1999/12/01
  • メディア:CD
(2) 機関車トーマス

(2) 機関車トーマス

  • 作者:ウィルバート・オードリー
  • 出版社/メーカー:ポプラ社
  • 発売日:2005/03/31
  • メディア:単行本

■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■