Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アンナ・シュウエル/黒馬物語
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

黒馬物語/アンナ・シュウエル

BlackBeauty.jpg

アンナ・シューエルの「黒馬物語」。何度か映画化もされている。

まず、ヴィクター・アンブラスVictor Ambrus)の絵が素晴らしい。馬だけでなく当時の様子もよくわかる。文園社のものには、写真も加わっている。オリジナルではどのように処理されていたのか興味あるところだ。

AnnaSewell.jpgアンナ・シューエル(Anna Sewell/1820.3.30〜1878.4.25)イギリスの女流作家。
14歳の時、怪我が元で両足が不自由になり、外出時にはポニーに引かせた馬車を利用していたようだ。こうした少女時代からの馬との付き合いが、彼女にしか書けない馬に対する愛情溢れる物語となったのだろう。黒馬物語の中にもポニーは登場し、その愛らしい姿が表現されている。

輝かしい若馬だったブラック・ビューティが、飼い主の無知によって、その境遇が転落していく様子が悲しい。馬をよく知る婦人が現れ、無知を諭す場面があるが(ここらあたりが転機となって幸福な晩年を過ごせそうなのだが)、この婦人がアンナ・シューエルを代弁しているのかもしれない。

アンナ・シューエルはこの時代(19世紀後半)に、無知で思いやりのない人々によって、ひどい扱いを受けていた馬の立場を改善するために、この本を書いています。したがって1877年発行の初版本では「馬による自叙伝」「翻訳:アンナ・シューエル」と書かれています。それだけでも、アンナ・シューエルの馬に対する愛情を知ることになります。

アンナ・シューエルの体の調子が悪くなった1871年頃から書き始められ、最後の方は母親に口述筆記をしてもらうほどでした。1877年11月24日に「黒馬物語」が出版されると、その5ヵ月後、1878年4月25日に亡くなりました。

ヴィクター・アンブラス(Victor Ambrus)は、1965年に「Three Poor Tailors」で、1975年に「バイオリンひきのミーシカ(Horses in Battle and Mishka)」でケイト・グリーナウェイ賞を受賞しています。

黒馬物語

黒馬物語

  • 作者:アンナ シューエル
  • 出版社/メーカー:文園社
  • 発売日:2003/10
  • メディア:単行本
黒馬物語 ブラック・ビューティー

黒馬物語 ブラック・ビューティー

  • 出版社/メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア:DVD
黒馬物語

黒馬物語

  • 出版社/メーカー:バンダイ・ミュージックエンタテインメント
  • メディア:VHS
黒馬物語 (少年少女世界名作全集)

黒馬物語 (少年少女世界名作全集)

  • 作者:シュウエル
  • 出版社/メーカー:ぎょうせい
  • 発売日:1995/02
  • メディア:単行本
黒馬物語 (岩波少年文庫 (2011))

黒馬物語 (岩波少年文庫 (2011))

  • 作者:シュウエル
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:1987/05
  • メディア:単行本

◆ヴィクター・アンブラスの本

いっぱつで七ごろし―グリムどうわより

いっぱつで七ごろし―グリムどうわより

  • 作者:ヴィクター・アンブラス
  • 出版社/メーカー:らくだ出版
  • 発売日:1983/01
  • メディア:-
バイオリンひきのミーシカ

バイオリンひきのミーシカ

  • 作者:ヴィクター・アンブラス
  • 出版社/メーカー:らくだ出版
  • 発売日:1983/11
  • メディア:-