ランボー 「Aは黒、Eは白...」アルチュール・ランボー/地獄の一季節

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アルチュール・ランボー/地獄の一季節
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

ランボー 「Aは黒、Eは白…」

Selected Poems And Letters (Penguin Classics)
ランボー
アルチュール・ランボー(Jean Nicolas Arthur Rimbaud/1854.10.20〜1891.11.10)

19世紀のフランスの詩人。詩集『地獄の一季節』が有名。16歳で家出。連れ戻されるが、再度家出。パリでヴェルレーヌと出会い、二人で放浪する。2人は恋人関係にあったと考えられていて、そこらへんのことは、レオナルド・デュカプリオ主演の映画「太陽と月に背いて」に詳しく描かれている。

創作期間は1875年までと、ほとんど十代での仕事なのだが、ダダやシュルレアリストに影響を与え、海外の多くの詩人達にも影響を与えている。もちろん日本でも、『ランボオ詩集』を出した中原中也(1907〜1937)が影響を受けていることは有名。早熟の天才の代名詞的な存在。

でも夭折の天才ではないように思う。もちろん37歳で死んでいるのだから、早死にだけれど、ランボー自身の後半生は、世界を歩き、最後はアラビア相手の武器商人として、そこそこ成功していたというのだから。こっちの期間の方が、よほど長い。

さっさと創作をやめてしまい、次に踏み出して行く、そういった逞しさこそがランボーの本質なのではないかと勝手に理解してしまった...それはもう、私が十代ではないということかな。

「Aは黒、Eは白、Iは赤、Uは緑、Oは青...」

「また見つかった

 何が、永遠が、

 海と溶け合う太陽が。」

など.....

◆詩集など...訳す人の思いによって、伝わるものは違うかも。



地獄の季節





地獄の季節 小林 秀雄 版





ランボオ詩集





ランボオ詩集 小林 秀雄 版





地獄の季節—ランボオ詩集



地獄の季節—ランボオ詩集





ランボー全詩集



ランボー全詩集





ランボー詩集



ランボー詩集 堀口 大学 版





ランボー全集



ランボー全集 金子 光晴 版

◆レオナルド・デュカプリオの演技も素晴らしい
太陽と月に背いて





太陽と月に背いて

アルチュール・ランボーでググってみる


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■