松尾芭蕉の美意識

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 松尾芭蕉の美意識
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

今日は11月9日。旧暦で言うと10月12日。今から314年前の今日、松尾芭蕉は亡くなりました。50歳でした。下の略歴の日と異なるのが気にはなりますが....
好きな句に「あけぼのや 白魚しろきこと 一寸」というのがあります。
芭蕉が41歳の時に、江戸から西国へ旅行をします(「野ざらし紀行」)。その時に詠まれたものです。
夜がほのぼのと明ける頃...夜空がほのかに明るんでくる頃...静寂...まだ暗く、よくは見えないそんな時に、白魚が一瞬跳ね上がる。本当は白魚じゃないかもしれない。でも暗さの中に少しずつ差し込んでくる光は、それを”白さ”として確実にとらえていた。一寸(いっすん:約3cm)...ほんの小さなその物体は、暗さの残るその時の全てでもあった。
一寸が全宇宙になる瞬間を、松尾芭蕉は見逃さない。
松尾 芭蕉(まつお ばしょう/1644〜1694.11.28)三重県伊賀市出身の俳諧師。
伊賀上野城にある松尾芭蕉を記念した俳聖殿。昭和17年(1942年)、伊東忠太の設計。

PICT0190.jpg

伊賀上野城の紅葉(昨年のもの)

PICT0191.jpg
芭蕉俳句集 (岩波文庫)

芭蕉俳句集 (岩波文庫)

  • 作者:松尾 芭蕉
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:1970/01
  • メディア:文庫

松尾芭蕉の著作を検索
松尾芭蕉でググってみる
ブログランキング・にほんブログ村へ


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■